×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■コンドロイチンって?

コンドロイチンという言葉をお聞きになった事がありますか。コンドロイチンzsとかグルコサミンとかコンドロイチン硫酸などいろいろありますが実際どういう働きをするものなのでしょう?
コンドロイチンは、最近ではいろいろな健康食品や中には食品の中にも使われ出しています。コンドロイチンはフカヒレの主成分であるコンドロイチン硫酸で注目を浴びました。
コンドロイチン硫酸はヒアルロン酸からつくられます。
また、コンドロイチン硫酸はデルマタン硫酸と同様にタンパク質と結合して真皮の結合組織中や表皮細胞表面でお肌の代謝に大切な働きをします。
つまり簡単に言うとコンドロイチンというものは、美肌作りに大いに貢献してくれるということですね。
また医薬品としてもコンドロイチンンは大きな役目を果たしています。それは 注射液として腰痛症、関節痛、肩関節周囲炎(五十肩)などの治療に、点眼液で角膜表層の保護をするなど大活躍です。

■美容のためのコンドロイチン

ムコ多糖トリオという言葉をご存知ですか?ムコ多糖トリオというのはコンドロイチン硫酸プラス、ヒアルロン酸とデルマタン硫酸の三つの成分の事です。この三つがお互いに結合しあって美肌作りに一役買うのです。 具体的に見ると
@ ヒアルロン酸とコンドロイチン硫酸の協力作用
  コンドロイチン硫酸はヒアルロン酸に硫酸が結合してつくられ、この時ビタミンAの働きが必要です。
  コンドロイチン硫酸は、ヒアルロン酸関係し、ヒアルロン酸の保水力を増強します。
A コンドロイチン硫酸とデルマタン硫酸の細胞代謝の調節作用
 A表皮細胞の表面で成長因子と結合して、細胞の分裂・増殖を自動調節します。
 デルマタン硫酸、デコリン、B繊維芽細胞コラーゲン形成の調節
 B真皮の繊維芽細胞でつくられるコラーゲンや成長因子(TGF-β)と結合して代謝を自動調節する。などの働きがあります。

■コンドロイチンの入手方法

コンドロイチンが身体によいらしいという事はわかっても、いざどこで手に入るか?
最近では通販でいろいろなコンドロイチン配合のサプリや点眼液として商品が出回っています。若さを保つため、腰痛、関節痛、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)などに効果的なサプリがあります。
当サイトではコンドロイチンを含んださまざまなおすすめサプリのカタログを用意しました。この記事の下にカタログの入り口を用意してありますのでそちらからご覧下さい。
また、もっと詳しくコンドロイチンに付いて知りたい方は、ヤフーなどで検索窓にコンドロイチンと入れてみてください。特にゼリア新薬が販売しているコンドロイチンzs錠が人気があるようです。
美肌と若さを保つために、あなたもお試しあれ。
コンドロイチン配合サプリカタログはこの下からどうぞ。
コンドロイチンを使った医薬品カタログ


コンドロイチンを使ったサプリカタログ

Copyright © 2007 コンドロイチンで美肌と健康を